2017.10.17

骨塩定量装置

骨は、ずっと同じものがあるわけではありません。骨の中には、新しい骨を作る細胞と、古い骨を壊す細胞が住んでいて、新陳代謝が行われています。若いときはこの2つの細胞の働くバランスがうまくいっているのですが、特に女性の場合は閉経後、ホルモンのバランスが変わってしまうと、古い骨を壊す細胞の働きがつよくなってしまい、結果として骨の量が減ってきてしまいます。この状態を骨粗鬆症といいます。この状態を放置すると、年齢と共に骨はどんどん弱くなってしまい、買い物袋を持ち上げるだけで背骨が折れたり、ちょっと手をついただけで手首を骨折したり、尻もちをついただけで足の付け根を骨折してしまうようになってしまいます。年をとっても元気で誰の世話にもならずに過ごすためには骨のケアを行うことが大事です。当院では保険診療による検査、治療はもちろんのこと、富田林市の市民健診の一環としても骨塩定量の検査を行っています。お気軽にご相談下さい。