2018.02.18

患者さんの生の声

昨日、時間ができたので定期検診に眼科へ行ってきました。その眼科はいつもいっぱいで、普通にいけば2,3時間待ちは当たり前なので、開始時間の1時間以上前に玄関に行き、待っていました。いつもはお待たせする側(といってもうちは1時間も待たすことはあまりありませんが。。。)ですが、待つ側になって寒い中がまんしていたところ、程なくして車いすに乗った老齢の男性がやってきました。やはり早めに来て待つつもりであったらしく、「えらい早くから待ってはりますな」から、その方とのお話が始まりました。

その方は3か月に一度くらい来院されるそうで、最初は来るたびに待たされるし、クレームを言ったら、それじゃあここではみれません、っていいよる、きつい先生や。などとその眼科に対する思いを話されました。私も普段はそうやって言われる側ですから、耳の痛い話やけど気を付けななあ、と思いながら、言葉をえらんで相槌をうっていました。そのうちに腰がえらく悪くて、足が動かなくなったこと、膝もいたいこと、手術は無理だとあちこちでいわれたこと、車いすの生活は不便であることなど、色々と話してくださいました。若いころからかなり重労働をされ、今は奥さんに先立たれて一人暮らし。近所の人は手伝ってはくれるがあまり頼るのも気が引ける、宅配のごはんはまずくて飽きる。など、色々話してくださいました。私はそのあたり専門ですから、と今更いうわけにもいかず、返事をするにもつい診察の時にアドバイスすることをいいそうになり、そうですよね、大変ですよね、というだけにとどめるのが大変でした。

こうやって医師としての立場でない状況で、患者さんの遠慮しない声をきくことは普段ほとんどないので、いい経験をさせてもらいました。できるだけそう思われないよう、努力していきたいと思います。

眼科健診のほうはおかげさまで大丈夫でした。でも老眼が出てきているので、とうとう遠近両用のメガネを買うことにし、処方箋を出してもらいました。としはとりたくないものです。